次の例は、条件を評価して実行します。 Sub Sample() Dim a As Integer a = InputBox("数値を入力してください") If a = 10 Then MsgBox "10です" Else MsgBox "10ではありません" If a 5 Then MsgBox a & "は5より小さい" ElseIf a = 5 Then MsgBox a & "は5です" Else MsgBox a & "は5より大きい" End If End Sub 2行目の「If」と「Then」の間が条件式となります。. ExcelのIF関数で複数条件に対応する方法をご紹介しています。条件が3つ、4つの場合についてそれぞれ詳しく説明しています。IF関数の中にIF関数を入れ子(ネスト)にすることで細かく条件を分岐させるこ … 複数の条件を用いてその後に行う処理を分岐する場合は「Else」「Else If」で条件式を加えます。 ①点数を複数の段階で区切って処理を分けるVBA … 2020.06.05. アクセス担当のまみです。 エクセルでもifってよく使っているからか、アクセスでもよくifを使います。 条件分岐の基本といったところでしょうか。 エクセルで慣れているのでifって使いやすいんじゃないかな。 今回は、ifの使い方についてお伝えしますね。 VBAでIFの複数条件の指定. 複数の条件分岐を使用するは「Else」「Else If」を用いる. Else. End If. ") Else ' 条件式が成り立っていない(iが5ではない場合)に実行する処理 Console. If Range("B2").Value >= 70 And Range("C2").Value >= 70 Then. 【条件式1】: Range (“C3”).Value >= 300. 【条件式2】: Range (“D3”).Value >= 300. 空白セルの行を削除する場合は、条件を Cells(i, 1).Value ="" とします。 ここでは、A列のセルの値="" としていますので、数式で""が返されているセルも削除対象となります。 次のOr条件は、絶対に成立します。 1:If Range("A1").Value <= 200 Or Range("A1").Value >= 100 Then 日本語にするとセルA1が200以下または100以上ということになります。 どんな数字でも100以上で200以下ですので、これは条件式として意味がありません。 そうではない、の条件です。 Notは比較する式の前に記述します。 And、Or、またはほかの演算と組み合わせることがほとんどですが、まず、Not関数単体で説明します。 ¥ã‚’する際に非常に便利です。 それでは詳しい方法について確認していきましょう。 and(論理積)による条件の結合 70点以上かつ80点未満ならば評価Bというように複数条件で、ifを使いときがあります。 そんなときは、And(かつ)、Or(または)を使います。ここでは、複数条件の作り方を紹介します。 事例5(複数条件 and)|2017/3/1~2017/3/31なら(特定の月のみを取得) VBAでOr条件を3つ以上複数指定する (2016.11.28) If文でNothingの判定を行うには-Is演算子 (2016.03.30) Select Case文で複数条件Orはどう書く? (2016.01.05) VBAのSelect CaseでLikeを使ったあいまい条件の判定を行うには (2015.11.19) WriteLine ("i は 5 です。 エクセル IF 関数を複数条件に対応する方法を紹介します。複数条件にはいろいろあります。ここでは次の方法を紹介します。 1. なお、条件は If Not x(i, 2) = 0 Then としてもよいと思います。. VBAのIf文について知りたい 条件が複数の場合の記述方法が知りたい 論理演算子(Or・And・Not)の使い方が知りたい 条件によって処理を変えなければならない場合ってよくありますよね。そんなときVBAではIf文を使用します。 IFにIFを掛け合わせることによって、二つの条件が満たされたときの処理を設定することができます(^^♪. If Range ("A1").Value = "a" Or Range ("A1").Value = "b" Then. そして、条件式を複数つなげるため、条件1の後に「And」(間に半角スペース)をつけて条件2を記述します。. ートから複数データを一括でGoogleマップ上に目印を立てる(表示する)方法 (256,610 view) [email protected]. WriteLine ("i は 5 ではありません。") End If ' 複数の条件と対応する処理を分ける例 If i = 5 Then ' Ifの条件式(i = 5)が成り立っている場合に実行する処理 Console. [スポンサードリンク]. 空白行を削除する. IF文 andの複数条件(3行目). 前提・実現したいことユーザーフォームの処理ボタンを押下した際に、条件に応じて複数処理をしたいです。 【条件1】コンボボックスで 設問3_アンケート が選択されている場合Callを使用し 会員の重複_設問3 と 会員以外の回答者_設問3 の処理を実施 【条件2】コンボボックスで 設問5_アンケート 複数条件は3行目の下記コードになります。. に聞いてきた!」, 〇〇だった場合は~、〇〇以外だった場合は~, 〇〇だった場合は~、〇〇以外だった場合は~、どちらでもない場合は~. お問合せはこちらでも受け付けています。 End Sub. ®ã¯ã‚ˆã‚Šå°ã•ããªã‚Šã¾ã™ã€‚ では、値と比較するのに比べて時間のかかる、セルの値を参照するような条件式ではどうでしょうか? 今回の条件1は「B2セルが70以上」なので「Range ("B2").Value >= 70」となり、条 … 複数条件をスッキリ書くにはSelect Case文が最適。条件には特定の範囲を指定でき、Isと比較演算子を組み合わせて値の大小も比較可能。本記事では、Select Case文の書き方はもちろん、If文との使い分け … あなたはLike演算子を使っていますか? 正規表現が使えない場合に、Like演算子で代替することができて便利です。 この記事では、Like演算子について基本的な使い方から、 ワイルドカードのエスケープ Likeの否定(Not) 複数条件を指定するには 大文字小文字の区別なしで使用するには ートは以下のようになっているとします。 このA列、つまり納品日の「年月」を確認して、例えば2018年の1月のデータのみを、請求書ひな形に転記したいというわけです。 ベースとして、以下の前回作成したプログラムから始めます。 13行目で、Year関数、Month関数を使って、各請求データの「年」と「月」を取り出して出力していますが、これらの値を条件に、ひな形に転記するかどうかを判定すれば良 … If 文で2つ以上の条件分岐をしたい場合には、ElseIf Else を使います。 と、書いてあげてください。. 上のプログラムでは、変数 score に設定している68という値は、 60以上でかつ70未満であるため、If 文の条件を満たすので「C判定」と表示されます。 複数条件で分岐:ElseIf・Else. Excel VBAでプログラミングをしていると条件によって処理を分けたい時が出てきます。 そんな時にはIf文を使うことが多いと思いのではないでしょうか。If文では論理演算子(Not、AND、OR)を使用することで様々な条件を指定することができます。 数式として関数IFを使う場合とVBAで関数IFを使う場合ではプログラムの記載は若干異なります。 最初は戸惑うもしれないが、慣れはればVBAの方が楽に作れるようになります。 もしA列の点数が80点以上ならB列に〇、60点以上なら△、60ç‚¹æœªæº€ãªã‚‰× ã¨ã„ã†ä¾‹ã‚’ä½œã£ã¦ã¿ã¾ã™ã€‚ 上記は「数式として関数IFを使う場合」と「VBAで関数IFを使う場合」の 2つを紹介しています。 2つの場合を比べやすいように、同じ意味を示す箇所を同じ色で塗りつぶしてみました。 セルに数式を組む場合で、「IFの中にIFを … 複数条件をスッキリ書く! 【Excel VBA入門】Findメソッドで条件に一致するセルを検索する方法 【Excel VBA入門】ドロップダウンリストの作り方。複数リストの連動方法も解説 【Excel VBA入門】基本的なCSVファイルの読み込みと書き出し方法 VBAでOr条件を3つ以上複数指定する. Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い … Sub sample() i = 1 a = 2 If i = 1 Then If a = 2 Then i = i + a MsgBox i End If End If … 侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。, 「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。, 熊本在住のフリープログラマ兼ライターです。C/C++/C#、Java、Python、HTML/CSS、PHPを使ってプログラミングをしています。専門は画像処理で最近は機械学習、ディープラーニングにはまっています。幅広くやってきた経験を活かしてポイントをわかりやすくお伝えしようと思います。 は以下画像を参照してください。 これはMicroSoft Developer Network(MSDN)のColorIndex … 条件は か×かのようにどちらかだけを選択する場合だけではありません。例えば変数に格納された文字列を色々な値を比較する場合など複数の条件判断を行う場合もあります。このような時には1つのif文の中に複数の条件分岐を記述することが出来ます。 ExcelのVBA(マクロ)でIf文を使用して条件を満たす場合と満たさない場合で処理を分ける方法をご紹介します。VBAのIf文の基本から複数条件を指定する方法、IF文を入れ子(ネスト)にする方法も解説しています。サンプルコード付。 最近人気のプログラミング言語Python (パイソン)が気になっているけれど、始めるスイッチを入れられないVBAをお使いの方に向けたKindle本『VBAユーザーのためのPython超入門』を出しました。. If Range (“C3”).Value >= 300 And Range (“D3”).Value >= 300 And Range (“E3”).Value >= 300 And Range (“F3”).Value >= 600 Then. Excel VBAで複数条件と複数の文字列で検索して判定する方法についてご紹介します。複数条件で文字列を判定するには、InStrを組み合わせてVBAコードを組むことでできます。複数文字列の検索は、InStrとDo Whileを組み合わせるとできます。 その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。 IF文を使用すると「もし~ならば〇を実行し、そうでなければ×を実行する」というような条件判断ができます。IF文の終わりには必ずEnd Ifが必要です。If Then ElseIf Else End If の使用例 ElseIFを使うといくつでも条件を設定できます Excel VBA入門 その22:複数の条件分岐で処理を実行させる(ElseIf) VBA. Range("D2").Value = "×". Sub test12() Dim myDic As Object, myKey, myItem Dim myVal, myVal2, myVal3 Dim i As Long Set myDic = CreateObject("Scripting.Dictionary") VBAでのIF文の書き方を紹介しました。 条件が1つの場合もあれば、ElseやElseIfで複数の条件分岐をさせることも出来ます。 個人的には、1行で書くやり方を知った時は衝撃的でした。 「あれ、End Ifはどこに行った??」と思って探しました(笑) 条件によって処理を変えなければならない場合ってよくありますよね。そんなときVBAではIf文を使用します。, しかし、場合によっては複雑な条件を記述する必要がありますので、どのように書けばよいか悩んでしまうこともあるのではないでしょうか?, そこで、この記事ではVBAでのIf文の基本から複数条件の指定方法や論理演算子、比較演算子(等号・不等号)の使い方など、応用的な方法についても解説していきます。, If文をマスターすれば、さまざまな条件で処理を分岐することができるので非常に便利です。今回はそんなIf文について、使い方をわかりやすく解説していますので、ぜひご覧になってください。, If文は、2つの値の大小関係や、等しい・等しくないなどの条件により処理を変える場合によく使われます。, 大小関係や、等しい・等しくないなどの条件式がTrueの場合にThen以降に記述する処理を行います。Falseの場合にはElse以降に記述する処理を行うか、もしくは記述する処理がない場合はIf文のブロック外に出ます。, ElseIf文で複数の条件で処理を分ける場合についてみていきます。記述した条件式に一致しない場合の記述するときは、ElseステートメントもしくはElseIfステートメントを使用します。, それではサンプルコードで使い方を確認しましょう。このサンプルコードでは、4年に一度の「うるう年」かどうかの判定をしています。, このサンプルコードでは、西暦年数が4で割り切れる場合は「うるう年です」と、それ以外の場合は「うるう年ではありません」と表示します。なお、ElseIfステートメントとElseステートメントを記述したあとで「何もしない」とコメントアウトだけ記述し、処理を記述していない部分があります。, If文の処理が1行の場合、If文と処理を1行にまとめて記述することができます。ただし、1行にまとめられるのはElseIf-Thenステートメントのあとの処理部分だけです。, If文の最初の条件と処理を1行にまとめるとエラーになり、またElseステートメントのあとの処理もエラーとなります。, Elseステートメントの後の処理はElseステートメントの後に「:」(コロン)で、複数行を1行にまとめることができます。, このサンプルコードではまず「:」(コロン)を使ってElseステートのあとの処理を1行にまとめています。, 次にうるう年でない場合では、If文の最初の条件を1行にまとめるために、わざと最初の条件をFalseにして1行にまとめて、ElseIfステートメントで条件を入力しています。, If文の条件の中で、さらに条件を追加したい場合ってありますよね。これをif文の入れ子(ネスト)と言います。, 先ほどの例を変更します。「うるう年」といえば夏季オリンピックの開催年ですよね。そしてオリンピックは冬季も開催されます。以下のサンプルコードでは、西暦年数でオリンピックの開催年かどうかの判断を追加しています。, このサンプルコードでは、ElseステートメントのあとにIf-Elseステートメントを記述し、入れ子になっています。, 条件式が2つ以上ある場合は、「Or」や「And」といった論理演算子を使います。論理演算子には、次のようなモノがあります。, このサンプルコードでは、まず西暦年数が4で割り切れるか、もしくは余りが2の場合にオリンピック開催年かどうか判断しています。Or演算子を使って2つの条件のどちらか一方を満たすか「OR」の判定を行っています。, 次にオリンピック開催年でない場合の判断をするために、Not演算子を使って西暦年数が4で割り切れない、余りが2でないという「NOT」の判定を行っています。, さらにAnd演算子を使って2つの条件を共に満たすか「AND」の判定を行っています。, 比較演算子は2つの値を比較します。比較とは、どちらの値が大きいか小さいか、等しいか等しくないか、など二者を比べることです。, オリンピックではスケートやサッカーのように競技連盟のルールにより、出場に年齢制限があります。それを例として、みていきます。なお、等号のサンプルについては、前述のオリンピック開催年かどうかの判定を参考にしてくださいね。, 文字列も等号を使って比較することができます。文字列の値が同じかどうか比較するには「=」記号を使い、違うかどうか比較するには「」記号を使います。, このサンプルコードではString型の変数strAとstrBを「=」記号で比較しています。大文字と小文字を区別し、同じでないためFalseを返していることがわかります。, 条件式を満足する場合にラベル名で記述された処理までジャンプします。その場合、End Ifステートメント以降からジャンプ先のラベル名との間に記述された処理は実行されませんので注意しましょう。, GoToステートメントの使い方については、こちらで詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。, If文はLike演算子と一緒に使われる場合もあります。Like演算子は2つの文字列を比較するために使用します。, 引数stringがpatternに一致する場合に処理が実行されます。patternにはパターンマッチング規則に準拠する文字列を指定することができます。, ワイルドカード文字や文字のリスト、文字の範囲を組み合わせて正規表現に近いパターンマッチングを行うことができます。, If Likeステートメントの使い方については、こちらで詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。, などが上げられます。確かに、業務効率化はどこの企業も目指していて、需要が高いように見えます。ただ、VBAを扱えることが強みになるかといわれると、すこし疑問があります。, VBAは基本的にエクセル上でしか使用することができません。しかし、最近では社内書式をスプレッドシートで管理している企業も増えており、今後エクセル自体の需要が少なくなってしまう可能性も考えられます。, そうなってしまうと、VBAを習得しても活躍の場が限られてしまいますよね。そう考えると将来的にVBAの需要はあまり高くないといえます。, ではVBAを学んでいる人はどうすればいいのでしょう。VBAの将来性や今後の対策などをこちらの記事でまとめているのでぜひご確認ください。, ここでは、If文・If-Then-Else文の使い方、論理演算子の使い方、比較演算子の使い方などについて説明しました。条件分けが必要な複雑な処理をするためには、If文を頻繁に使うことになるでしょう。, そんなときに条件や判定が複雑になりどのように記述してよいか、わからなくなる場合もあるかもしれません。そんな場合はこの記事を何度も参考にして下さいね!, 当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。 実は簡単に複数条件を設定できるifs関数というものもあります。 ifs関数の文法構造はこうです。 =ifs(条件1,値が真の場合に返す値1,条件2,値が真の場合に返す値2,…) 先に出た3つの複数条件の例をifs関数で書き換えてみましょう。 Range("D2").Value = " ". 3 つ以上に分岐する 2. 複数条件の全てを満たしたときに処理をする 3. 複数条件のどれか一つを満たしたときに処理をする 1. 複数の条件ごとに処理を分岐するには「IFS 関数」を使用します。