余裕のある生活を老後に夫婦で送るには、生活費を含んだ総額での貯金って、いくらあればいいか考えてみました。平均的な、老後の生活のスタイルを考えた時に、今人生は100年時代ともいわれますが、そこのところは十分考えておいたほうがいいような気がします。 title.each(function(i){ 40代になると、老後を意識する方も多いのではないでしょうか。しかし、老後に備えて貯えをしておきたくても、子どもの進学資金や住宅資金などの出費もまだ多く、「今の貯金スタイルでいいのか」「どれぐらいの貯金があれば大丈夫だろう」など、不安に感じているかもしれません。 readmore_state const keyValue = pair.split('='); 老後の不安といえば、真っ先に思い浮かぶのが「お金」のこと。 ある調査によると、貯蓄額が900万円以上あっても、実に7割以上が老後に不安を抱いているよう。 老後も働く? 今からコツコツ貯めておく? 老後の「お金」について考えてみたことはありますか? apstag.init({ nextPage(); }; googletag.cmd.push(function() { googletag.display('div-gpt-ad-1582764237433-0'); }); googletag.defineSlot('/27980561/fuelle_inread2', [[300, 250], 'fluid', [320, 100], [1, 1]], 'div-gpt-ad-1596447813446-0').addService(googletag.pubads()); //@return pageInfo, false googletag.cmd.push(function() { googletag.display('div-gpt-ad-1596447813446-0'); }); pushScrollDataLayer(); }; sizes: [[300, 250]] 人生の三大資金をご存じですか。「教育資金」「住宅資金」、そして「老後資金」のことです。この中でも、「老後資金」は金額や期間の見通しを立てにくく、不安に思う人が多いものです。生命保険文化センターの「令和元年度 生活保障に関する調査」でも、84. 老後いくら貯金があれば安心?何ができる? では、老後生活に入った時、実際にいくら貯金があれば安心して暮らすことができて、それぞれの貯金額で何ができるのでしょうか。 今回は、 ・貯金額500万円 ・貯金額1,000~2,000万円 ・貯金額3,000~4,000万円 var title = $('.news__title'), } else { if (!readyBids.amazon || !readyBids.prebid) { }); // メニューボタンをクリックした時の動き menuWidth = menu.outerWidth(), var targetList = $('li#' + activeArticleIds[i]); }); history.replaceState( //console.log('readmore push'); return paramString.split('&'); 老後のお金の心配は誰しもがかかえる問題です。夫婦でも独身でも、いつか迎えることになる老後の生活ですが、それぞれ必要な金額は違ってきます。多くの方は、公的年金や基礎年金を積み立てており、老後はそれに貯金をプラスして生活資金として暮らしていくことになるでしょう。 ; //news__prevは削除する pageInfo = [], //記事情報のまとめ 「老後のための貯金はいくらあれば安心? 1,000万? それとも4,000万円!?」。そんな不安を解消すべく、プロのfpに【老後の貯金】について聞いてきました。独身、夫婦の2パターンで老後に必要な貯金の平均額を教えてもらいました。 // QueryParameterをパースして取得 googletag.defineSlot('/27980561/191004_fuelle_overlay', [[320, 100], [1, 1], [320, 50], [320, 91]], 'div-gpt-ad-1570154590195-0').setTargeting('client', ['aozora']).addService(googletag.pubads()); readyBids.google = true; } readyBids.amazon = true; }; } } 家計の消費支出は月平均28万7000円!年代、年収別だと?【2019年5月発表・最新家計調査】. googletag.defineSlot('/27980561/fuelle_right1st', [300, 250], 'div-gpt-ad-1532055862384-0').setTargeting('client', ['aozora_6332']).addService(googletag.pubads()); googletag.cmd.push(function() { 老後に必要な貯金額は、老後を迎えてからの世帯ごとの暮らし方によって変わります。どんなに「2,000万円必要」、「3,000万円必要」と誰かが言ったところで、結局はケースバイケースというわけです。 index = i; 老後いくら貯金があれば安心?何ができる? では、老後生活に入った時、実際にいくら貯金があれば安心して暮らすことができて、それぞれの貯金額で何ができるのでしょうか。 今回は、 ・貯金額500万円 ・貯金額1,000~2,000万円 ・貯金額3,000~4,000万円 googletag.cmd.push(function () { //news__nextが存在しないとき found, appear, index = 0 それでは、 老後の貯金は一体いくらあれば足りる んでしょうか? 以前からよく耳にする、1000万円という貯金があれば足りるのでしょうか? または政府が発表して炎上した、2000万円あれば十分なのでしょうか? found, appear, index = 0 } googletag.pubads().collapseEmptyDivs(); body.animate({'left' : -250 }, 500); //loadingFlag = true; info.url googletag.defineSlot('/27980561/fuelle_right1st', [300, 250], 'div-gpt-ad-1532055862384-0').setTargeting('client', ['aozora_7372']).addService(googletag.pubads()); requestAdServer(); pagehome.stop().animate({ 老後の貯金はいつから考えるのがベストなの?いくらくらい用意すれば幸せな生活を送ることができるんだろうの?など、老後の貯金について知っておくと便利な豆知識を紹介しますので、興味のある方はぜひ、参考にしてください。 //スマホで「続きを読む」が無いときはすぐに次ページを読み込む(PCでは「続きを読む」は非表示になっているだけ) 「老後のためにお金をためましょう!」「幸せな老後を過ごしたいなら 万円の貯金が必要です!」なんて記事を頻繁に見かける最近…。 まぁ現在は団塊の世代が老後に突入していくタイミングなので余計にこういう記事が多いのだとは思いますが、結局、いくら必要なのか? }else{ }else{ googletag.enableServices(); 老後の貯金額はいくらあれば安心なのか、貯蓄額の平均はどれくらいなのか気になりますよね。この記事では、独身の方、夫婦の方に必要な老後の貯金額についてそれぞれ解説します。理想の貯蓄金額を知り、今から老後のために備えておきましょう。 }, 人生の三大資金をご存じですか。「教育資金」「住宅資金」、そして「老後資金」のことです。この中でも、「老後資金」は金額や期間の見通しを立てにくく、不安に思う人が多いものです。, 生命保険文化センターの「令和元年度 生活保障に関する調査」でも、84.4%もの人が「老後生活に不安を感じる」と回答し、年金や貯蓄の不足など「経済面での不安」を挙げています。, 自分の貯蓄額が多いのか少ないのか、知る機会はなかなかありませんよね。厚生労働省の「平成28年 国民生活基礎調査の概況」によると、「貯蓄がある」と答えた世帯は80.3%で、世代別の「1世帯当たり平均貯蓄額」は次の通りです。, この調査では、「貯蓄の目的」までは調べていません。世代によっては養育資金・教育資金、あるいは住宅購入資金のための貯蓄も含まれている可能性があります。, 貯蓄と聞くと、真っ先に浮かぶのは「銀行預金」や「郵便局の貯金」などではないでしょうか。しかし、金融機関の残高だけが貯蓄ではありません。, 例えば、「養老保険」や「個人年金保険」など、生きていることでお金が受け取れる保険も、貯蓄に含まれます。財形貯蓄や確定拠出年金なども、立派な貯蓄です。, 「老後のために2,000万円の貯蓄が必要」という話を、聞いたことがありますよね。これは、2019年に金融庁がまとめた報告書に「老後生活費は毎月平均5万円赤字、30年分で2,000万円が不足」という試算結果があったことに由来しています。, 報告書のケースは、「高齢夫婦無職世帯(夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯)」が、毎月収入約21万円、支出約26万円の生活を送った場合の試算です。実際にいくら必要なのかは、モデルケースではなく「自分のケース」で考えることが重要です。, それぞれに考え方はあるでしょうが、金銭的な見方をするときは「65歳」を目安にするといいでしょう。企業の定年退職年齢であり、公的年金の受給が始まる年齢でもあるからです。, では、老後はいつまで続くのでしょうか。2018年の簡易生命表によると、男性81.25年・女性87.32年が平均寿命となっています。また、100歳に到達した人は3万7,000人以上にもなります。「老後資金」を計算するときには、老後期間は65歳から30年ほど続くと仮定しておくとよいでしょう。, 厚生労働省の「平成30年度厚生年金保険・国民年金事業の概況」によると、現在老齢年金を受給している人の平均月額は、厚生年金受給者が約14万円、国民年金受給者が約5万円です。, 正確な金額は「ねんきん定期便」や「ねんきんネット」で、現時点の加入状況による年金額の情報を提供しています。より正確には、一般的な情報や平均額ではなく、「自分のケース」を知っておきましょう。, なお、会社に勤めている人は現在、給与から健康保険料と介護保険料(40歳から)が天引きされています。定年退職後は、多くの場合国民健康保険に切り替えることになり、その保険料は介護保険料と共に年金額から天引き、もしくは別途振込が必要となることに注意しましょう。, 老後の生活費をいくらに想定するかが重要です。「現在の生活費-老後不要になる出費=老後生活費」で、おおよその金額がわかります。, 「老後不要になる出費」は、子どもの授業料や習い事などの教育費用、住宅ローンなどが挙げられます。不要になるタイミングと金額を把握しておきましょう。また、勤務スタイルによっては、現在の衣料費や交際費などが不要になる場合もあります。, 老後不要になりそうな出費の中でも、「育ち盛りの子の食費」「出勤日の昼食代」など細かいものは、そのままにしておきましょう。老後の人間関係によって新たに生まれる交際費や、自分の習い事、孫のイベントなど、楽しみに使うお金に切り替えることができます。, 老後のために貯蓄が必要な金額がわかったら、世代に合った方法で老後資金を貯めましょう。40代・50代・60代では、それぞれ家計費における支出構成と老後までの時間が異なります。年代別に今からできる貯金方法を紹介します。, 40代は、子どもの成長に伴い授業料や塾代などが増加し、家計の大きな割合を教育費が占めている世代です。後半から50代にかけては、教育費で最も金額の大きい「大学進学費用」がかかるため、教育費用の積立も必要になってきます。, 一方、仕事では責任ある役職に就く頃でもあり、妻の復職やパート開始を検討する家庭も多いことから、収入の増額も見込めるでしょう。, 65歳になるまで約20年残っているため、少しずつ貯めていくことで不足分を補える可能性があります。例えば、先ほど計算した「(C)貯蓄が必要な金額」が1,000万円だった場合、「1,000万円÷(12ヵ月×20年=240ヵ月)=約4万2,000円」となります。さらに週単位で割ると、約1万円です。, いきなり大きな金額を目指すのではなく、継続できる金額をコツコツ積み重ねましょう。目標金額の半分程度でも、家計や教育費用を圧迫しない金額で行うのが長続きのコツです。金融機関の「自動積立サービス」や「定額自動入金サービス」などを利用して、先取り貯蓄しておくのがおすすめです。, 50代は、一般的に最も収入が高くなる時期ですが、ちょうど子どもの大学費用を支払っている世代でもあります。それを乗り切ってしまえば、子どもは独立し、一気に負担が軽減します。また、そろそろ住宅ローンが終わる世帯も出てくるでしょう。, 学費負担中も、余剰を作り出せるのならばコツコツ貯金に回しましょう。学費負担が終わってから、学費同等分を貯蓄に回せば、1年で100万円ほど貯められます。65歳まで10年として、100万円×10年=1,000万円になります。, 貯蓄は、40代同様に先取り貯蓄でよけておくことがおすすめですが、ある程度まとまったら定期預金口座に移しておくといいでしょう。, 60代は、前半と後半で大きく生活が変わります。「高年齢者雇用安定法」により65歳までの雇用機会は確保されています。その後は、意欲と機会があるのならば継続して働き、収入がある期間を延ばす方がおすすめです。, そろそろ「貯める」ではなく「つかう」ことにシフトチェンジする世代です。退職金や個人年金などを上手く組み込んで、ゆとりある生活を送りたいものです。, 自営業など、国民年金のみの人は年金だけでは心許ないかもしれません。「付加年金」や「国民年金基金」など、将来の年金額を増やす制度を検討するのもいいでしょう。, 老後資金のための貯蓄も必要ですが、今の生活を圧迫してしまっては意味がありません。必要な出費分は確保しつつ貯蓄に回す余剰を捻出できるように、ライフスタイルを定期的に見直しましょう。, 老後資金形成は、「今」がいちばん早いタイミングです。将来のために、小さな一歩から始めましょう。, 国内保険会社で生命保険と損害保険の営業を兼務、外資保険会社では顧客相談室を経験。退職後は、保険についての「わからない。めんどうくさい」を少しでも解消できればと、保険・金融記事の執筆を開始。関心分野は、保険ジャンル全般(生保・損保・社保)や、生活に密着した金融サービスなど。FP2級技能士。, 初心者がつみたてNISAをはじめるならどこ?SBI証券と楽天証券は初心者にもおすすめ, 国民年金の「特別催告状」が届いたらすぐにやるべき4つのこと ピンクの封筒=ピンチ!, 厚生年金から国民年金へ切り替え、手続き方法や手続きが必要なケースをわかりやすく解説. preScroll = $(window).scrollTop(); }; if (document.URL.match('/detail/') && !document.URL.match('/career/')) { $(function() { result[key] = decodeURIComponent(keyValue[1]); if(data == '' || data.indexOf('news__content') < 0){ //スクロールダウンしたときにタイトルが下に現れたか updateCurrentDepth(0); 「老後資金」いくら貯金あれば大丈夫? 今すぐ知っておきたい基本のキ 「kufura(クフラ)」は仕事と家庭、どちらも大切にしながら忙しい毎日を送る女性のためのWebメディアです。 var apstagSlots = []; }; slots: apstagSlots if(document.URL.match("/career/")){ 39歳貯金60 if ( navigator.userAgent.toString().match(regex_bot) ){ $('.js-nav-readmore-btn').last().on('click', function(a){ 余裕のある生活を老後に夫婦で送るには、生活費を含んだ総額での貯金って、いくらあればいいか考えてみました。平均的な、老後の生活のスタイルを考えた時に、今人生は100年時代ともいわれますが、そこのところは十分考えておいたほうがいいような気がします。 appear = true; } return preScroll > $(window).scrollTop(); var title = $('.news__title'), function pushScrollDataLayer(){ else if(readmore_state == 'none' && bottom_pos > next.offset().top){ pagehome.stop().animate({ googletag.pubads().refresh(); return preScroll < $(window).scrollTop(); updateCurrentDepth(appearTitleTop().depth); sizes: [[300, 250]] apstagSlots[1] = { function nextPage(){ 必要な老後資金は「老後に必要とする老後資金-老後に予定される収入合計額」で算出します。 aさん夫妻が必要とする老後資金は1億1822万円、それに対して収入は9684万円。その差2138万円が、老後資金として準備すべき金額=目標貯蓄額になります。 return false; 老後の不安といえば、真っ先に思い浮かぶのが「お金」のこと。 ある調査によると、貯蓄額が900万円以上あっても、実に7割以上が老後に不安を抱いているよう。 老後も働く? 今からコツコツ貯めておく? 老後の「お金」について考えてみたことはありますか? }; 老後の貯金はいくらあれば安心? 貯金額の目安は1,000万円 まず結論から言うと、老後の貯金は大体1,000万円ほどあると安心と言えるでしょう。 googletag.pubads().collapseEmptyDivs(); 老後の貯金に関して、平均的にいくらくらいの貯金があれば大丈夫なのかについて解説を行っていきます。老後の資金繰りについても注目が集まっている時代です。夫婦や一人暮らしなど、世帯別の必要額について具体的に解説を行っている記事です。 独身者の貯金の平均額っていくら?30代、40代の平均貯金額は?自分の貯金は平均以上?もしもずっと独身だったら貯金はいくらあれば老後に足りる?十分な貯金のためには月々いくら貯めればよい?人には聞きづらい、独身の人の貯金について解説します。 window.dataLayer = window.dataLayer || []; 'right': '-50px' //右から-50pxの位置に if (result[key] === undefined) { appear = pageInfo[index]; }; 老後の未亡人や独身女性の月の生活費や貯金はどのくらいあれば、足りるのでしょうか?単身独身女性は15万円と言われてますが、家はあり、実際9万円で習い事をし、貯金も出来ているという未亡人もいます。老後の独身女性の貯金額は1,000万円は必要? }; それでは、 老後の貯金は一体いくらあれば足りる んでしょうか? 以前からよく耳にする、1000万円という貯金があれば足りるのでしょうか? または政府が発表して炎上した、2000万円あれば十分なので … dataLayer.push({ } readmore_state = $('.js-nav-readmore-btn').css('display');//スマホ:'block' or undefined, //PC:'none' return false; function updateCurrentDepth(depth){ 老後の夫婦の必要額の目安はいくら? まずは調査データから一般的にはいくら必要なのかをみていきましょう。 夫婦の年金収入で足りない分を貯蓄で補う. var menu = $('#js-spNavi__menu'), // スライドインするメニューを指定 60歳の平均貯金額をご存知ですか。リタイア後いくらあれば安心なんでしょう。老後ゆとりある生活をおくるためにはいくら貯金しておく必要があるのでしょうか。夫婦2人の場合、単身の場合の必要貯金額や年代別に貯蓄しておくべき貯金金額についてご紹介しています。 window.dataLayer = window.dataLayer || []; initReadmore(); }); 老後のお金の心配は誰しもがかかえる問題です。夫婦でも独身でも、いつか迎えることになる老後の生活ですが、それぞれ必要な金額は違ってきます。多くの方は、公的年金や基礎年金を積み立てており、老後はそれに貯金をプラスして生活資金として暮らしていくことになるでしょう。 apstagSlots[1] = { function updatePreScroll(){ getQueryParam()[target]; // active_article_idで指定した記事Idのliにactiveクラスを付与 window.dataLayer.push({ var pbjs = pbjs || {}; var insert = $('
'); return; 「老後の金銭的な不安」は誰にでもあるもの。ここでは、ファイナンシャルプランナーの稲村優貴子さん老後の生活に欠かせない年金について詳しく解説してくれました。今から年金を上乗せする裏技も! var targetList = $('p#' + readmoreArticleIds[i] + '.js-nav-readmore-btn'); const articleIds = []; // $(this).css('display', 'none'); title.each(function(i){ googletag.cmd.push(function () { // QueryStringを指定して一覧を取得 if(document.URL.match("/invest/") || document.URL.match("/bargain/") || document.URL.match("/career/") || document.URL.match("/family/") || document.URL.match("/life/")){ googletag.defineSlot('/27980561/s_fuelle_320x100_listoverlay_25931_link', [320, 100], 'div-gpt-ad-1582771580042-0').addService(googletag.pubads()); } else { const readmoreArticleIds = getArticleIdsByQueryString('readmore_article_id'); }); const pairs = getPairs(); pbFlux.prebidBidder(); } // open クラスが body についていたらメニューをスライドインする 老後の生活費はいくら?国民年金はどのくらいもらえるの?と老後の生活に不安を覚えている方も多いのではないでしょうか。安心して老後を送るために必要なお金のことを考えてみませんか? googletag.pubads().enableSingleRequest(); } } // 続きを読むイベント処理 customized minowa var failSafeTimeout = 3e3; if(readmore_state != 'none' && bottom_pos > last_pos && $(window).scrollTop() < last_pos){ function isScrollDown(){ } else { }, failSafeTimeout); const getTargetParam = function (target) { } googletag.cmd.push(function() { 老後をお金のストレスなく生活するために、本当に必要なお金はいくらなのか。必要なお金の手当てはどうすればいいのでしょうか?mattoco Lifeは三菱UFJ国際投信が提供する、あなたの"life"をデザインするサポートメディアです。 }); function isScrollUp(){ } else if (document.URL.match('/save_prepare/detail/id=6332')) { if (document.URL.match('/detail/')) { function appearTitleTop(){ }); } 'hitCallback': function(){document.location = url;} googletag.enableServices(); bidTimeout: 2e3 if (appear == false) { 老後の必要資金が1,500万円なら900万円、2,000万円なら1,200万円の貯金がひとまずの目安になる。しかし老後に必要になる資金は当然ながら前述した生活費だけではない。特にこれから紹介する3つの項目には注意しておきたい。 googletag.defineSlot('/27980561/191004_fuelle_overlay', [[320, 100], [1, 1], [320, 50], [320, 91]], 'div-gpt-ad-1570154590195-0').setTargeting('client', ['aozora_3632']).addService(googletag.pubads()); $(window).load(function () { const getArticleIdsByQueryString = function (targetQueryString) { }); var appear = false; }); 'scroll_depth':info.depth, // スクロール深度(2記事目から1,2,3~とインクリメント) return result; }); googletag.defineSlot('/27980561/fuelle_bottom_category', [300, 250], 'div-gpt-ad-1567147054633-0').addService(googletag.pubads()); if(depth < i && bottom_pos > $(this).offset().top){ const queryParams = getQueryParam(); googletag.defineSlot('/62532913/s_fuelle_300x250_soukyakuwakushita1st_25931', [300, 250], 'div-gpt-ad-1587692475453-0').addService(googletag.pubads()); pbjs.que.push(function () { pageInfo.push( } body = $(document.body), if(found != null){ $(this).remove(); }); googletag.defineSlot('/27980561/191004_fuelle_overlay', [[320, 100], [1, 1], [320, 50], [320, 91]], 'div-gpt-ad-1570154590195-0').setTargeting('client', ['aozora_7372']).addService(googletag.pubads()); for (i = 0; i < targetQueryParam.length; i++) { function appendPageInfo(url, title){ } ); updateCurrentDepth(appearTitleBottom().depth); }); slotName: '/27980561/s_fuelle_300x250_soukyakuwakushita1st_25931', } window.googletag = window.googletag || {cmd: []}; //@description 上部に現れたタイトルを取得 var launchAdServer = function () { appear = false; } if (document.URL.match('/detail/')) { targetList.css('visibility', 'hidden');