タイトルからもすぐわかる通り、この作品はシェイクスピアの戯曲「ロミオとジュリエット」が題材となっています。 「ロミオとジュリエット」は1595年前後とされており、その悲劇的な恋愛ストーリーの性格上か、チャイコフスキーだけでなく多くの音楽家たちがこれをテーマとして作曲しています。 代表的な例を挙げるだけでも、 と歴史に名を残す音楽家たちがズラリと見られます。 チャイコフスキーは文学作品を愛したこと … チャイコフスキーは特に『ロメオとジュリエット』にしばしば言及し,この題材にとて も愛着していたと考えられる。七八年に,彼はそれのオペラ化を検討したこともあった。 七八年五月二五日付け,弟モデスト宛の手紙の中で,彼は書いている。 幻想序曲『ロメオとジュリエット』は、ピョートル・チャイコフスキーがシェイクスピアの戯曲『ロミオとジュリエット』を題材として作曲した演奏会用序曲。. 組曲『くるみ割り人形』 Op.71a 3. 『白鳥の湖』 Op.20より(6曲) 4. 幻想序曲『ロメオとジュリエット』 2. 『クラシック音楽』が存在しなかったなら、私の人生はまさしく生ける屍(しかばね)だったと思います。 Copyright © 2020 気軽にクラシック! All Rights Reserved. 末永く、お付き合いいただけたならうれしいです。, チャイコフスキー :くるみ割り人形【あらすじ解説と2枚の名盤】ファンタジー物語への旅に出よう!, この輝かしいインスピレーションと完成度の高い一曲ができて、創作活動が充実していたチャイコフスキーですが、なんとこの曲が完成した翌年に、チャイコフスキーはコレラにかかって亡くなってしまいます。, 城にいる老いも若きも、男も女も、身分の上下もこえて、みんな誰もが浮足立っています。, カラヤン、ドラティ、ゲルギエフなど目移りしてしまうほどの指揮者がたくさんの演奏の録音を残していますよね。。, 「定額制の音楽聴き放題サービス」であるAmazonミュージックUnlimitedのご紹介, チャイコフスキー:弦楽セレナード【名盤3枚も解説】「ワルツ楽章も有名、憂いをおびた優しい1曲」, ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲【名盤3枚の感想と解説】透明感のある瞑想的な時間, シェエラザード「千夜一夜物語」【あらすじとおすすめ名盤3枚】「美しき王妃との夢時間!」:R・コルサコ…, チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番【名盤5枚の解説】華麗さと憂いの中に、癒やしの光を感じとろう!, シベリウス:樹の組曲(5つの小品)【1択名盤も解説】「樅(もみ)の木」の可愛らしさが特徴, クリスマス・イヴの夜、少女クララはドロッセルマイヤーおじいさんからくるみ割り人形をプレゼントされます。クララは大喜び。, しかし、それを見たいじわるなお兄さんは、そのくるみ割り人形を取り上げようとしてクララともめて壊してしまいます。, ビックリしているのもつかの間、あたりを見渡していると、ねずみの軍隊が攻めてきているではありませんか。, 戦いがおわり、クララがふと気がつくと、くるみ割り人形は立派な王子の姿に変わっていたのです。. 幻想序曲『ロメオとジュリエット』 2. チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」、幻想序曲「ロメオとジュリエット」が交響曲・管弦楽曲・協奏曲ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。 プロコフィエフの『ロメオとジュリエット』は、彼の傑作のひとつに数えられるバレエ音楽です。 バレエ音楽全曲が演奏される機会は少ないですが、コンサートでは抜粋や組曲を聴く機会がある … チャイコフスキーの交響曲の中で最も人気のあるのは、この交響曲第5番です。このページでは解説のあと、おすすめの名盤をレビューしていきます。 解説 ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー… 交響曲第6番 ロ短調『悲愴』 Op.74. もしかしたら、「毎日がイマイチ楽しくない」というそんな方がいたら、 名盤紹介:チャイコフスキー作曲:弦楽セレナード. 交響組曲「ロメオとジュリエット」作品64a 2. オーケストラがフィナーレの開幕を爆発的に告げると弦楽器がエネルギッシュに旋律をかき鳴らします。 まずは第4楽章の冒頭部分をダイジェストで聴いてみましょう。 ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 この映像はこちらのDVDに収録されています。 幻想序曲『ロメオとジュリエット』は、ピョートル・チャイコフスキーがシェイクスピアの戯曲『ロミオとジュリエット』を題材として作曲した演奏会用序曲。. チャイコフスキー:イタリア奇想曲 作品45. ミュンシュにとって通算3度目の録音となったチャイコフスキーの『ロメオとジュリエット』では、作品に渦巻く奔放な情熱が見事に掬い上げられ、また、唯一の録音となったシュトラウスの『ティル・オイレンシュピーゲル』では、いたずら者の主人公の軽妙さが変幻自在に表出されています。 まずはダイジェストで聴いてみよう! 激しく咆哮する金管楽器、弦楽器がかき鳴らす旋 ... まずはダイジェストで聴いてみよう! クラシック音楽など全く縁のない方も、一度は耳 ... まずはダイジェストで聴いてみよう! 複数の旋律が緻密に絡み合い加速度的に熱気を帯 ... まずはダイジェストで聴いてみよう! 弦楽器が奏でるどこか切なく悲し気な旋律、木管 ... はじめてのクラシック、はじめての交響曲・・・聴いてはみたいものの何から聴けば良い ... 当サイトでは「これからクラシック音楽を楽しんでみたい。」と言うクラシック初心者の方を対象に「おすすめのクラシック」「はじめてのクラシック」を管理人の感想を交えながら紹介しています。. でも、私が一番好きなのはチャイコフスキーの幻想序曲「ロメオとジュリエット」です。 作曲されたのは1869年で、まだ「白鳥の湖」もピアノ協奏曲も、もちろん三大交響曲も作曲されておらず、チャイコフスキーの最初の傑作だといってもいいでしょう。 2020/10/21 (P)Octavia Records Inc. (C)Octavia Records Inc. チャイコフスキー: 1. 1982年 デジタル録音(1)(2)、1978年 ステレオ録 … 『ロメオとジュリエット』は出口のない残酷な袋小路への第一歩だったのではないだろうか。 「~そうした作品の中で不可能なものへの歩みの中を、永遠に手のとどかぬ女性たちの面影が通っていく。 名盤解説。「全編とても美しい旋律が満載」といっていいくらいの光の乱舞のような一曲ですね。 この物語は心優しい少女クララとくるみ割り人形との「夢」と「勇気」と「冒険」の楽しいファンタジーの物語ですね。 では実際の物語のあらすじを紹介しますね。 EXTON. 心、疲れた方に聴いて欲しいクラシック音楽を厳選していきます! チャイコフスキー:交響曲 第 1番 「冬の日の幻想」、「ロメオとジュリエット」 アレクサンドル・ラザレフ, 読売日本交響楽団. 1869年の9月から11月にかけて作曲され、1870年3月16日、モスクワにおいてニコライ・ルビンシテインの指揮によって初演された。 1. チャイコフスキー:「ロメオとジュリエット」 「くるみ割り人形」組曲、序曲「1812年」 小林研一郎, アーネム・フィルハーモニー管弦楽団. 『クラシック音楽を聴いてこころ、幸福』になる方が私の他にも、いらっしゃるかもしれないと思い、書き始めてみました。 当店のレコードは、店主金子やスタッフたちが、おもにヨーロッパに直接出向き、実際の目と耳で厳選した、コンディション優秀な名盤ばかりです。国内で入手したものや、オークション品、委託商品はございませんので、安心してお求めになれます。 チャイコフスキー 幻想序曲「ロメオとジュリエット」 Tchaikovsky: Romeo and Juliet Fantasy Overture チャイコフスキーの幻想序曲「ロメオとジュリエット」は、シェイクスピアの戯曲「ロミオとジュリエット」を題材として作曲した演奏会用序曲です。 チャイコフスキー:幻想序曲「ロメオとジュリエット」、大序曲「1812年」、他が交響曲・管弦楽曲・協奏曲ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。 チャイコフスキー:1812年、スラヴ行進曲、ロメオとジュリエット プレヴィン&ロンドン交響楽団 ロシアの風土に愛着を持ちながら西欧文化への憧憬を持っていたチャイコフスキー、一方、西欧音楽に溶け込みながらロシア的風土を的確に理解していたプレヴィン。 オーケストラがフィナーレの開幕を爆発的に告げると弦楽器がエネルギッシュに旋律をかき鳴らします。, 交響曲第4番へ短調作品36はロシアの作曲家、ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー(1840-1893)が1878年に書き上げた交響曲です。, 1877年、ロシアの鉄道王の未亡人メック夫人から資金の援助を受け始め作曲に専念することが出来るようになったチャイコフスキーでしたが、私生活の面では7月に短い交際期間にもかかわらずアントニナ・イワノヴナと突然の結婚をしたものの、わずか20日ばかりで彼女のいるモスクワを逃げ出してしまいます。, この結婚はチャイコフスキーを精神的に追い詰めたようで、9月にモスクワに戻ってきたチャイコフスキーはついにはモスクワ川で自殺を試みるまでに至っています。, 再びモスクワを単身離れたチャイコフスキーは生涯妻と顔を合わせることはありませんでした。, その後、メック夫人から提供を受けた資金でヨーロッパを巡ったチャイコフスキーは12月にはイタリアのヴェネツィアを訪れます。, この風光明媚な都市のホテルに2週間の間滞在し、作曲したのが今回ご紹介する交響曲第4番です。, 1878年2月、サンクトペテルブルクでチャイコフスキーの友人、ニコライ・ルビンシテイン(1835-1881)の指揮で初演されたこの作品は、その後14年にわたってチャイコフスキーを経済的に支援し続けたメック夫人に献呈されています。, 第1楽章:Andante sostenuto – Moderato con anima, 冒頭、ホルンからトランペットへと引き継がれる重厚なファンファーレが強い印象を残します。, チャイコフスキーはメック夫人に宛てた手紙の中で「交響曲全体の核となる示導楽想、『運命』。われわれが幸福に向かおうとしてもその実現を阻む、運命の力」と書き残しています。, ファンファーレが終わると弦楽器から木管楽器へと陰鬱な旋律が受け継がれていきます。重苦しくどこか憂いを湛えたような旋律が徐々に発展していき、途中少し安らげる旋律が現れ明るい陽ざしが差し込みそうになりますが、再び暗雲が立ち込めるかのように冒頭のファンファーレが鳴り響きます。, 「かくして人生は、幸福のはかない夢や幻影と、苛酷な現実との果てしない交代なのである。」とチャイコフスキーが書き残しているように、はかない夢を夢想するかのような淡い旋律が何度もあらわれますが、冒頭のファンファーレにより再び苛酷な運命に引き戻されます。, チャイコフスキーは「仕事に疲れ、本を手に一人座っているが、知らぬうちに落としてしまう、そんな夕暮れに感じるメランコリー」と書き残しています。, もの悲しい雰囲気に支配されるこの楽章も終盤に明るい兆しを垣間みせますが、再び深く沈み込むように静かに終わっていきます。, 雰囲気はがらりと変わり弦楽器のピチカート(弦を指ではじく奏法)で軽快にはじまります。, 途中から木管楽器の軽やかな旋律が加わり、加速度を増しながら最後は再び弦楽器のピチカートで静かに曲を終えます。, これまでの重苦しくのしかかってくる運命を払拭するかのような華やかなフィナーレです。, チャイコフスキーは「再び運命の力でわれに返らされても、誰もあなたの悲哀には気づかない。この世の全てが悲しいなどと言ってはいけない。他人の喜びのなかで喜びなさい。そうすれば生き続けることができる。」と書き残しています。, 弦楽器が激しく駆け巡るかのような旋律が印象的です。終盤では第1楽章冒頭のファンファーレが再び姿をあらわし、曲をクライマックスへと導きます。, チャイコフスキー:交響曲第4番へ短調作品36第1楽章(00:25) 第2楽章(20:00) 第3楽章(30:40) 第4楽章(36:38), チャイコフスキー交響曲第4番へ短調 作品36序曲《1812年》 作品49幻想序曲《ロメオとジュリエット》ゲオルグ・ショルティ指揮シカゴ交響楽団録音:1984,86年, &amp;amp;amp;amp;amp;amp;amp;amp;lt;br /&amp;amp;amp;amp;amp;amp;amp;amp;gt;&amp;amp;amp;amp;amp;amp;amp;lt;br /&amp;amp;amp;amp;amp;amp;amp;gt;&amp;amp;amp;amp;amp;amp;lt;br /&amp;amp;amp;amp;amp;amp;gt;&amp;amp;amp;amp;amp;lt;br /&amp;amp;amp;amp;amp;gt;&amp;amp;amp;amp;lt;br /&amp;amp;amp;amp;gt;&amp;amp;amp;lt;br /&amp;amp;amp;gt;&amp;amp;lt;br /&amp;amp;gt;&amp;lt;br /&amp;gt;&lt;br /&gt;<br />
, 数多くの録音を遺している巨匠ショルティですが、不思議なことにチャイコフスキーの「運命の交響曲」と呼ばれるこの第4番だけは長らく録音されることがありませんでした。, 71歳のショルティが遺した唯一の録音となった本作品は引き締まった筋肉質なブラス・セクションの響きがいかにもシカゴ響と言う感じで魅力的です。, 終楽章はかなりアグレッシブなテンポで攻めている印象で、テンポの緩急が実に巧みで運命を感じさせる金管楽器の咆哮が心に残る1枚です。, 「Amazon Music Unlimited」でいろんなアーティストの録音を聴き比べてみませんか?まずは無料体験で!, 参考資料:「作曲家別名曲解説ライブラリー、チャイコフスキー」音楽之友社編1993年4月「兵庫芸術文化センター管弦楽団第68回定期演奏会PROGRAMNOTE」. 【ドイツ・グラモフォン ザ・ベスト1200 vol.2】チャイコフスキーの「辞世の句」ともいうべき《悲愴》は、深い悲哀感に包まれながらもロマンティックで限りなく美しい旋律によって、古今の交響曲のなかでも広く親しまれている名曲です。 チャイコフスキー:3大バレエ組曲、『ロメオとジュリエット』 ヘルベルト・フォン・カラヤン&ウィーン・フィル 【収録情報】 チャイコフスキー: 1. ドラマティックな展開の悲劇であり、現代でも、映画の題材などに取り上げられるのが「ロメオとジュリエット」ですね。 そして、音楽の「ロメオとジュリエット」といえば、プロコフィエフが作曲した、「バレエ音楽『ロメオとジュリエット』」が有名です。 こんな解説があります。 解説にあるように「ロメオとジュリエット」と言えば、チャイコフスキーやあるいは、ベルリオーズなども有名です。 その中でも、最も長い時間 … チャイコフスキーもかつて類例のない味わい深い演奏。 第1楽章冒頭のホルン動機からハーモニーが有機的に溶け合い、美しさの極み! 第1主題はインテンポを基本にしつつも心の奥底から歌が湧き上がり、息の長いフレーズが一切弛緩せずに豊かに流れるのにも心奪われます。 この曲はチャイコフスキー29歳の時の作品で、音学院を卒業してわずか4年後に書かれたものです。作曲家で『ロシア5人組』のひとりであるバラキレフの勧めに従い、シェイクスピアの『ロメオとジュリエット』を題材とした管弦楽曲の作曲に取りかかったことはよく知られています。 チャイコフスキー/幻想序曲《ロメオとジュリエット》 概観 チャイコフスキーは他にもシェイクスピア物を書いていますが、特に『ロメオとジュリエット』は人気が高く、ベルリオーズやプロコフィエフも後世に残る音楽を作曲しました。 弦楽器が奏でる甘く美しい旋律は燃え上がるロメオとジュリエットの愛の調べです。 甘くもせつない旋律が高揚し昇り詰めると2人の恋の悲劇の原因である両家の激しい抗争を描く抗争のテーマが演奏されます。 まずはこの部分をダイジェストで聴いてみましょう! グスターボ・ドゥダメル指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 2014年 ヴァルトビューネ・コンサートより (※ヴァルトビューネ・コンサートはベルリン … 指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤンベルリンフィルハーモニー管弦楽団1966年10月13日 12月29日ベルリン イエス・キリスト教会 EXTON. WordPress Luxeritas Theme is provided by "Thought is free". 2013/04/19 … チャイコフスキー:序曲≪1812年≫、弦楽セレナード 交響的バラード≪地方長官≫、幻想序曲≪ロメオとジュリエット≫ 演奏: サンクト・ペテルブルク・フィルハーモニック交響楽団 ヘルベルト・フォン・カラヤン(Herbert von Karajan)(1908-1989)はベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の終身指揮者、芸術監督として活躍する傍ら、ウィーン国立歌劇場の総監督を務めるなど20世紀のクラシック音楽界で「帝王」とまで称されたオーストリアの指... 「Amazon Music Unlimited」無料体験を試してみる!使い方を完全ガイド!【2020年版】. 交響組曲「ロメオとジュリエット」作品64b 3. ジャン・マルティノン(指揮)、フランス国立放送管弦楽団 ライヴ録音:①1970年3月18日、②1971年10月20日/シャンゼリゼ劇場 (youtubeをポチって音楽を聴きながら読んでみてくださいね。”iPhoneの場合は全面表示されてしまったら2本指で内側にむけてピンチインして読み進めてください”), 1892年、チャイコススキーはペテルブルグのマリンスキー劇場の総監督からの依頼でこの曲を完成させたようです。, この輝かしいインスピレーションと完成度の高い一曲ができて、創作活動が充実していたチャイコフスキーですが、なんとこの曲が完成した翌年に、チャイコフスキーはコレラにかかって亡くなってしまいます。(別の死因説もありますが…。)なんとも残念で残念で仕方ありませんね(涙), ロシアのバレエは、19世紀後半に入ってめざましい興隆ぶりをみせた。バレエは、フランスの上流社会で好まれていて、それがやがて劇場で上映されて、一般の観客を楽しませることになった。ロシアでは、宮廷をはじめとする上流社会では、フランス文化が偏重され、教養としてフランス語を身につけていなければならなかった。そうしたことで、フランス風に華麗なバレエがロシアで流行をみたのも当然のことであり、長い冬に閉ざされた大都会の上流人士の重要な娯楽となった。, この物語は心優しい少女クララとくるみ割り人形との「夢」と「勇気」と「冒険」の楽しいファンタジーの物語ですね。, あるお城でのこと。待望の王子の誕生に城内は大喜び。城にいる老いも若きも、男も女も、身分の上下もこえて、みんな誰もが浮足立っています。しかし、ある者が、そこにいたねずみの女王をあやまって踏みつけて殺してしまいます。そのため、生まれた王子は呪われ、くるみ割り人形にされてしまったのでした。, この「くるみ割り人形」には全曲盤や、抜粋盤がたくさん出ています。その中でもカラヤン、ドラティ、ゲルギエフなど目移りしてしまうほどの指揮者がたくさんの演奏の録音を残していますよね。。でも、そんな並みいる強豪の中から2つ選んでみますね。, 非常にスマートですっきりとまとまった心地よい「くるみ割り人形」です。踊りのほうも足どり軽く、リズムもはずみます。, 「くるみ割り人形」物語のファンタジー性を骨太に情熱的に、そして、感性豊かに表現しています。どっしりと力強い演奏です。, さて、いかがでしたか。「くるみ割り人形」はかわいらしいおとぎ話の要素をふくんだ明るてかわいい組曲ですね。「王子の復活とお姫さまの優しさ、ひたむきさ。」こんないっぺんの物語を音楽で感じてみるのもいいものです。, 3ヶ月無料キャンペーン!(⌒▽⌒)個性あふれる演奏に出会うキッカケはAmazonミュージックが与えてくれますよ♬, そんな毎日を、ただ、たんたんと、そして、てくてくと歩いてきました。 1869年の9月から11月にかけて作曲され、1870年3月16日、モスクワにおいてニコライ・ルビンシテインの指揮によって初演された。 チャイコフスキーのロメオとジュリエットは、シェイクスピアの戯曲『ロミオとジュリエット』を題材として作曲された楽曲です。第1番と第2番の間に作曲が開始されており、初期のチャイコフスキーの楽曲の中では、ずば抜けて素晴らしく、人気の高い楽曲です。